[Shopifyセミナー]ストア公開から最初に売上をあげるまでのステップ

 shopify 売上を伸ばすための第一歩

海外のShopify公式ドキュメントを読み漁っている際に、下記のような無料ウェビナーを見つけてしまったので、受講してみました。

売り上げを伸ばすのに悩んでいるマーチャント向けのストア公開から最初に売上をあげるまでに必要なノウハウが学べるということでしたので、その内容をまとめていきます。

Shopify Marketing 101

全て英語ですが30分ほどのセミナーでしたので、元ソースに興味がある方は、こちらからご参照ください。定期的に開催しているようで録画視聴とはまた別のようでした。

[Shopify公式Marketing101 ウェビナー]

https://www.shopify.com/blog/make-your-first-sale

それでは、上記ウェビナーの内容をまとめていきます!

 

ユーザーはどのようにして購入するのか

Shopify Marketing 101

 

この各ステップをアップグレードしていくことで、ユーザーの購入に繋がります。

最初はLanding Page部分の商品ページを充実させることが重要です。商品詳細ページに必要な情報が含まれているかも含めてもう一度自分のストアを見直してみましょう。

そして、カートページに関連商品などを追加するのもコンバージョンを高めることができるかも知れません。

このように自分のShopifyストアの各ステップを考えることが売り上げに繋がっていくとのことでした。

 

商品を販売する際に重要な考えるべき3つのこと

ポジショニングで強みを考える

何があなたのストアにおいて強みになるのか。

Shopify マーケティング

  • 価格
  • 品質
  • 特徴
  • 便利さ
  • ユニークさ
  • あなたの商品を購入して得られる感情

など、何があなたのShopifyストアにとって強みとなるのかを考えることが大切であるとのことでした。

例えば、価格で勝負するのであれば最低価格保証をつける。

あなたの商品を購入して得られる感情であれば例えば子供用の商品で有害な素材を使わないことを強調し、両親を安心させることに焦点を置くことも必要です。

このように、自分のストア・商品の強みを分析し、「どうして顧客はこの商品を、このストアで購入するのか」について突き詰めて考える必要があるのです。

そして、その強みをどのようにして、ストアに反映していくのかも考慮するべきとのことでした。例えば、品質で売るなら商品詳細ページにレビュー機能をつけるなど、強みを主張するなどの工夫ができます。

 

誰のための商品なのか 

次に「どのような人々が購入する」のかを考えることが非常に重要なのです。

例えば、コスメ商品であれば

  • 20代の女性
  • 都心部に住んでいる
  • お洒落が好き

などのざっくりとした顧客像を想像することができます。

すると、その人はどのようなツールを使用して、どのような行動をとっているのかを突き詰めるのです。

すると、上記の顧客であれば

  • TwitterよりもInstagramへの広告が有効
  • 実用性よりも、写真映えするような商品、ラッピングが有効
  • 一般的な広告ではなく、インフルエンサーへの商品提供&宣伝が有効

など、商品を宣伝、販売していく上でどの方法が最も効率的なのかを探す重要な指針となるのです。

Shopify 運用 方法

自分Shopifyストアが対象としているユーザーは誰なのかを明確にすることで、

  • facebook, Instagramなどの広告運用
  • Instagram, youtube, ブログなどでのインフルエンサーを通じての宣伝
  • アフィリエイトで紹介してもらう
  • ブログや動画などのコンテンツで集客する
  • RedditやFacebookなどで直接営業して回る

などの様々な方法の中から、何が効果的なのかを選定して実際に試してみましょう。

 

広告の損益分岐点

Shopify 広告 損益分岐点

広告がうまく回っているか、うまく回っていないかを判断するのがこの損益分岐点です。

まず販売価格と原価や手数料を計算し、1つの商品を売るごとにどれほどの利益が出るのかを計算しましょう。そして、広告を運用し、実際に効果的な広告運用ができているかを判断し、トライアンドエラーを繰り返し、最適な運用に近づけていきましょう。

 

セミナー:ストア公開から最初に売上をあげるまでのステップ まとめ

以上、最初に売り上げをあげるまでにやるべきことリストでした。

確かに自分の商品の強みを把握して、その強みを生かせるようなストア構築をする。そして、具体的なターゲットを決めて、そのターゲットに向けた集客施策を行うことは非常に重要だと再認識しました。

またセミナーの中で、不特定多数の1000人のユーザーを集客するよりも、決められた(ターゲットとなる)ユーザーグループ100人を集められた方が価値あると言及していたのも興味深かったです。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでも役にたったな!と思っていただければ嬉しいです。それでは本日も良い1日を!

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。