[Shopify] 越境ECを見込んだ海外配送に対応させる方法

 

Shopify アプリ 使い方

今回は越境ECをしている人向けに必要な海外配送を設定する方法についてご紹介していきます。一般的に国内配送のみを設定していた場合、日本国内のみしか配送対応ができず、海外からのお客様が購入できないという事案が発生しておりました。

よって、

  • 越境ECを考えている方
  • 海外からのお客様が購入する可能性が少しでもある

ような場合は、必ず下記設定を行っておいてください。でないと、せっかく興味を持ってくれた国外のお客様が商品を購入できない状態になってしまいます。

 

Shopifyの既存送料設定の確認

まずShopifyストアの既存の送設定を見てみましょう。

管理画面→設定→配送と配達

に進んでみます。

すると、、

Shopify 送料 設定 既存 変更

こちらの『チェックアウト時の配送方法』という画面部分に移動しますので『送料を管理する』というボタンを押してみます。

Shopify 配送かんり

 するとこのように『国内配送』と『海外配送』に分かれている場所があります。上記の例だと、適切に日本国外への海外配送も行ってくれます。

ただこの部分で『海外配送』がなく『国内配送』のみだったら要注意です。その場合、日本しか配送対象としていないような判断にされてしまうので、全ての商品において海外配送できなくなってしまうのです。

 

Shopifyチェッアウト時の国外送料設定の追加

もし上記部分で『海外配送』が設定されていなく『国内配送』のみだった場合、海外配送設定を追加しなければなりません。

手順としては先ほど同様

管理画面→設定→配送と配達

に移動し『新しい配送エリアを作成する』をクリックしましょう。すると下記のような選択ポップアップが表示されます。この中から配送する国を選びましょう。

Shopify 海外配送

このように国選択を一覧でできますので単純に日本とその他の国で分けたい場合は『世界のその他の地域』で設定を進めてみましょう。もし、もっと配送地域を絞ってアメリカでは〇〇円、ヨーロッパでは〇〇円という風に瀬呈することは可能です。

これで海外にも商品を遅れることができるようにありました!

 あとはご自身の配送プロファイルを設定し、各地域ごとに設定していきましょう。噂によると、コロナの影響でそもそも配送ができない国もあるようなので、商品カテゴリー、大きさ、重さなども考慮し、最適な配送プランを探してみてください。

 

[Shopify] 越境ECを見込んだ海外配送に対応させる方法 まとめ

このように、該当部分の設定を忘れてしまうだけで、海外発送対応できないストアになってしまう場合があるのです。

私たちも、ストアは英語ベースなど万全を喫して越境ECスタートの準備を進めていたのですが配送の部分で『海外に発送できない』などの不具合が発生してしまっていました。みなさんが越境EC等にチャレンジする際には、是非この設定を思い出して気をつけてみてください。

それでは最後までお読みいたさきありがとうございました。本日も良い1日を!!

 

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。